化粧品

日焼けをしないためには

適切な日光浴は良いとされていますが、頻繁に外出する方は逆に日差しへの対策を行なわなければ、肌に害を及ぼしてしまいます。現在では、日焼け止め成分が配合されている化粧品が販売されていますので、そちらを使って余分な日差しを避けるようにしましょう。

鏡を見る女性

日焼けから肌を守る方法

日焼け止めを使用することで肌の老化を予防することができます。また日常生活やマリンスポーツといったシーンにあったSPAとPAの日焼け止めを選べば、肌に負担をかけすぎることがなく効果的に肌を守ることができます。

効果的に日焼けを防ぐため

ウーマン

SPFとPAの意味

日焼け止め用の化粧品の購入を考えた時、製品に目立つように書かれているSPFとPAの意味をきちんと知っておくと、より効果的に活用することができます。SPFというものは太陽が発する紫外線のB波の防御の時間を示していて、30や50などの数値で表されています。数字の大きさが防いでくれる時間に直結しますので、効果が高いものを利用したいなら数値も高いものを選びましょう。ただし、効果が高くなれば肌への負担が増えますので、自身が日差しを防ぎたいと考えている時間によって、数値を決めるのが一番賢い方法です。そして、PAの方は紫外線のA波の防御の度合いで、「+」から「++++」の四段階で表されています。SPFよりも肌への負担が少ないといわれているため、迷ったのなら効果の強い製品を購入すると良いでしょう。最近ではSPFとPAの両方が配合された日焼け止めが普通になっていますが、安物の場合は片方しか入っていない場合もありますので、購入時にはしっかりと確かめることが大切です。また、洋服を着ていても各種の紫外線が肌まで届いてしまうことがありますので、日差しが強い日に薄着をする場合には、体にも日焼け止めを塗っておいた方が良いでしょう。しかし、顔に使うような化粧品を使っていてはもったいなので、ボディ用として販売している日焼け止めを購入することをおすすめします。そして、購入した顔用とボディ用をきちんと使い分ければ、費用を節約した上で完璧な日焼け対策を行なえるでしょう。

基礎化粧品

正しく使って対策

紫外線で受けたダメージは肌を老化させてしまいます。日焼け止めクリームを利用すると簡単に対策が可能です。日差しを浴びる時間や強さに合わせて、日焼け止めクリームの使い分けをすることが大切です。また効果的に使用するために塗り方を覚えておきましょう。