日焼けから肌を守る方法

鏡を見る女性

シーンに合わせた選び方

日焼けすると肌の老化を促進させてしまうため、いつまでも若々しい肌を保ち続けたいという人は効果的に日焼け止めを使用するのがおすすめです。日焼け止めには大きく分けると顔用と体用があるため、どこに使用できるものであるのか確認した上で購入する必要があります。また日焼け止めには、SPFやPAというアルファベットが記されていることに気付いている人が多いはずです。これらのアルファベットが具体的にどのような意味を持っているのか知っていれば、これから日焼け止めを選ぶときに役に立つはずです。SPFはUV-Bという種類の紫外線に関連しており、この紫外線は肌の赤みを引き起こします。SPFは時間を基準としており、SPF1につき20分間の日焼け止め効果を得ることができます。例えばSPF20なら400分間紫外線から肌を守ることができるということになります。またPAとはUV-Aの防止に関連しており、この紫外線にあたると肌が黒くなります。+の数が多くなるほど防止効果が高いと言えます。SPFやPAの効果が高ければ高いほど良いと考えている人がいるかもしれませんが、シーンに合わせてちょうどよいものを選ぶ必要があります。日常生活ではSPA10とPA+、屋外で活動するときにはSPA10から30とPA++、マリンスポーツをするときにはSPA30から50とPA++から+++がおすすめです。シーンに合ったものを選べば、肌に負担をかけすぎることがありません。